2009年06月28日

アドエスでGoogle Androidを使ってみる

というわけで今回はアドエスで遊んでみようと思って。

さて何をしようかと彷徨っていたらアンドロイドを動かせる様子。
これはやらないといけないと思ったのだが意外にめんどくさい。だったら簡単な方法でも書いてみようかと思って更新するわけです。

とりあえず計画をしていらっしゃる方を発見。でも結構間違えたので、書き直す感じ。(本当に申し訳ないです。)
いわゆる私の覚え書きみたいな感じだと思ってください。


今回必要なのは
【ハードウェア】
・アドエス(W-ZERO3でも、W-ZERO3[es]でも良いらしい)
・外部メモリ(microSDかminiSDか)

【ソフトウェア】
LinuxLoader on WindowsMobile
kernel(linuxloaderのzImageをandroid仕様に書き換えるzImage)
android本体


ということでとりあえずこのページを見ているということはハードウェアは当然クリアしていると思うので、ソフトの問題です。まず上記のリンクからLinuxLoaderをダウンロードします。

次にそのZIPを解凍すると
[LinuxLoader-20081206]
 └ LinuxLoader.exe
 └ LinuxLoader.parm.sha_pon003sample.txt
 └ LinuxLoader.parm...(多数)


こんな感じになるので、exe以外にtxtファイルを自分仕様に変えます。といってもサンプルファイルがあるので名前を変更するだけ。

アドエスなら
LinuxLoader.parm.sha_pon011sample.txt
 ↓
LinuxLoader.parm.txt

W-ZERO3[es]なら
LinuxLoader.parm.sha_pon007sample.txt
 ↓
LinuxLoader.parm.txt

こういう感じで書き換えます。つまり自分の型番のを探して「.sha_pon型番sample」を消せばおk。

あとはその「LinuxLoader.exe」とそのテキストファイルをアドエスの中の「My document」に追加します。


これで起動ツールの準備ができました。

次回カーネルからアンドロイドの実装。動作確認まで。
posted by 河村昌子(仮) at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122412364

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。